メンバーズサービス

続けてご利用いただけるお客様に、お得な会員サービスをご提案いたします。

 

✤✤✤ 2016年10月1日 より 当サロンにて受付開始 ✤✤✤

 入会金      ¥30,000

  (2018年12月28日まで) 

カード発行手数料 ¥3,000

 

 

Azabu House One  会員特典

 

 

 ✤ Azabu House One  の プライベートスペース をご利用いただけます。要予約 ✤

(プライベートスペース レンタル 初回は会員登録無しでもご利用可です)

✤  お得な プリペイドカード をご購入いただけます ✤

 

✤ Azabu House One  より、お得な情報をお届けいたします  ✤

例:イベント会員価格情報 / SALON POSE 会員さま限定メニューなど 

 

 

1.会員規約

第1条 名称及び所在地

本サロンの名称を「Azabu House One」とし、所在地は 東京都港区元麻布3-13-4 とします。

第2条 運 営

本サロンの運営・管理は有限会社ポース企画が行います。

第3条 目 的

入会された会員がサロンで施設を利用して心身の健康の維持・増進を図るとともに、会員相互の親睦を密にし、生涯を通して楽しく日々を過ごしていただく事を目的とします。

第4条 入会資格

①本サロンに入会できる方は、20歳以上の方で本サロンの趣旨に賛同し本規約を承諾した方とします。

②本サロンに入会する方は、本サロン所定の入会申込書、及び規約同意書にご記入いただいた方とします。

③下記に定める「反社会的勢力でないことの表明・確約に関する同意」を承諾した方とします。

第5条入会手続

本サロンに入会する方は所定の入会手続きを行い、本サロンの承認を得た上、定める会費・入会諸費用をお支払いいただきます。

第6条入会金

会員は、本サロンの定める入会金を、所定の方法で支払わなければなりません。なお、当該入会金は、入会契約締結及び履行のための必要費用であり、一旦納入した入会金は返還いたしません。

第7条 資格停止及び除名

本サロンは、会員が次の各号の一つに該当すると認めた場合は、会員資格の一時停止または除名をすることができます。
1、本サロンの定める会費・諸費用につき、3ヶ月以上滞納したとき。
  (除名以前の会費・諸費用は全て納入していただきます。)
2、本サロンの施設を故意に毀損したとき。
3、本規約、その他本サロンが定める規則に違反したとき。
4、本サロンの名誉、信用を毀損し、または秩序を乱したとき。
5、入会書類に虚偽を記載したことが判明したとき。
6、会員として品位を損なうと認められる非行があったとき。
7.伝染病等他人に伝染・感染するおそれのある疾病に罹患したとき。

8、その他本サロンが社会通念に照らし、本サロンの会員としてふさわしくないと認めたとき。

第8条 会員資格の喪失

会員は、退会、除名、死亡及び失踪宣言をうけたとき、その資格を失います。会員が資格を喪失した場合には、第10条に規定する会員カードその他本サロンから貸与されている物品がある場合には速やかに返還してください。

第9条 会員資格の譲渡禁止

会員は、その会員資格を他に譲渡すること(相続を含みます)はできません。

第10条 会員カード

本サロンは、会員に対して会員カードを交付します。なお、会員が本サロンを利用しようとするときは、会員カードを提示しなければなりません。

第11条 年会費の支払

①年会費の更新は毎年10月1日とします。中途で入会する場合は入会をする月から更新月までの月数分(年会費÷12×月数)をお支払いいただきます。また年会費は、メンバーが本サロンのメンバー資格を有する限り、現実に本サロンの施設を利用しない場合も支払い義務が発生いたします。

第12条 サロン利用料

①会員は、本サロンを利用する場合、利用したサービスに対する料金を支払わなければなりません。

②会員は、Azabu House One プライベートスペースを利用する場合は、所定の方法で予約を行い、別途「Azabu House One プライベートスペースご利用の注意」に同意し、利用したスペースに対する料金、または提供するサービスに対しての代金を支払わなければなりません。

第13条 休 会

会員は、休会届を提出することにより、いつでも休会することができます。但し、年会費は返還いたしません。一度の休会期間は3年とし、継続して休会届けの提出がない場合は自動的に退会されたものといたします。

第14条 退 会

会員は、退会届を提出することにより、いつでも退会することができます。但し、入会金、年会費は返還いたしません。

第15条 ビジターの利用

本サロンは、会員の同伴により会員以外の方(以下ビジターと称します)も利用する事ができます。ただし、必要に応じてビジターの入場制限をすることができるものとし、ビジターはその他の会員特典をご利用いただけません。

第16条 休 業

本サロンの休日及び季節休業は事前にホームページにて提示いたします。また、その休日及び季節休業のほか、諸施設の補修、会場整備、その他、施設安全管理の面から緊急工事が必要な場合など緊急の事態が発生した場合には、あらかじめ掲示することなく一部または全部の施設を休業することができるものとします。

第17条 施設の閉鎖

本サロンは、次の事由により本サロンの一部または全部を閉鎖することができます。また以下の時に会員の予約があった場合でも予約より優先して閉鎖することができ、予約解消に対しての保証はいたしません。
① 台風その他異常気象、風水火災害、地震、近隣の事故等で本クラブの業務遂行に支障があるとき。
② 緊急を要する施設の改造または補修工事実施のとき。
③法令の制度改廃、行政指導、社会情勢、経済状況の著しい変化があったとき。
④施設の使用権限が消滅する等運営に影響が生ずる事情が発生したとき。
⑤その他やむを得ない事由が発生したとき。

第18条 会員の利用及び事故

①会員は、自己の責任と危険負担において、他の会員と協調して、本サロンを利用するものとします。

②本サロンは、会員が本サロンの利用中に生じた盗難、怪我その他の事故について、本サロンの責に帰すべき事由が無い限り、責任は負いません。会員同士のサロン内外でのトラブルについても同様とします。

第19条 責任事項

会員は、本サロンが会員制であることを認識し、同伴したビジターの本サロン内における行為、サロンに対する支払い及び事故等一切につき、連帯責任を負うものとします。

第20条 変更事項

会員は、住所または連絡先等入会申込書記入事項に変更のあった場合は速やかに所定の書面で届け出るものとします。

第21条 諸費用の改定

本サロンは、本規約に基づいて会員が負担すべき諸費用を、社会情勢・経済状況の変動等を参考にして改定することができます。この場合、本サロンは改定日の1ヶ月以上前までに当ホームページにて会員に告知するものとします。

第22条 細 則

本規約に定めていない事項及び業務遂行上必要な細則は本サロンが定めるものとします。

第23条 改 定

本規約の改定及び変更は本サロンにより為されるものとし、その効力は当該改定及び変更時に在籍する全ての会員に及ぶものとします。なお、本サロンが本規約の改定及び変更を行うときは改定日の1ヶ月以上前までにその内容を当社ホームページにて会員に告知するものとします。

第24条 附 則

本規約は2015年10月1日より施行します。 改定 2017/10/01

 

名称及び所在地

名 称:Azabu House One
住 所:東京都港区元麻布 3-13-4

T E L  :(03)6338-0087

管  理 :有限会社 ポース企画

    〒150-0012 渋谷区広尾 5-3-7

    (03)3440-1715

2.反社会的勢力でないことの表明・確約に関する同意

私は、次の①に規定する暴力団員等もしくは①の各号のいずれかに該当し、②の各号のいずれかに該当する行為をし、または①に基づく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合には、第7条 資格停止及び除名 に基づき、会員資格が取り消されても異議を申しません。あわせて、私は上記行為が判明しあるいは虚偽の申告が判明し、会員資格が取り消された場合には、当然に貴社に対するいっさいの債務の期限の利益を失い、直ちに債務を弁済します。また、これにより損害が生じた場合でも貴社に何らの請求は行わず、いっさい私の責任といたします。

①貴社との取引に際し、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」という)に該当しないこと、及び次の(1)から(2)のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約いたします。

(1)自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること

(2)暴力団員等に対して資金を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること

②自らまたは第三者を利用して、次の(1)から(5)までのいずれかに該当する行為を行わないことを確約いたします。

(1)暴力的な要求行為 (2)法的な責任を超えた不当な要求行為 (3)取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為 (4)風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて貴社の信用を毀損し、または貴社の業務を妨害する行為 (5)その他前記(1)から(4)に準ずる行為